MENU

切手が互いにくっついて離れない、どうしたらいい?

長期間、切手を保存していると切手同士が湿気で引っ付いていたりします。こういった切手の損傷は意外と多いものです。

 

もしも、自分の持ってる切手がそういう状況になったらどうしたら良いのか、今回はお伝えします。

 

 

・無理矢理はがさない
切手同士がペタリとひっついた状態は無理矢理剥がしてしまうとビリっと破れてしまうおそれがあります。破損した切手は使用できなくなるか見栄えが悪くなってしまいます。そのため、無理矢理はがすことを諦めた方が賢明です。

 

では、ひっついたままの切手同士の使い道はどうしたら良いのでしょう。

 

 

・くっついた切手の対処法
切手はあらかじめ接着剤が塗られているため、それらの間に湿度や水分が入り込むことで切手同士がくっついてしまう場合があります。

 

はがすためにはまずは水分を消すための乾燥が必要。この場合、ご自宅の冷蔵庫を使用します。冷蔵庫の中に切手を入れることで湿気を取り除く効果をもたらします。

 

しばらく経ってから切手をゆっくりはがしてみましょう。ダメージが残らないように慎重に力を入れれば問題なくはがせるでしょう。

 

無理なものは郵便局での交換を依頼してみると良いかもしれません。