MENU

コンディションが悪い切手は買取不可能になるかも

切手買取専門店、もしくは金券ショップで引き取られた切手は店頭で売られるものとなります。そのため、切手買取は業者側から見たら仕入れに相当する行為。店頭に並ぶ商品であるため、見た目が著しく悪い切手の場合は買取拒否となるおそれもあります。

 

 

・リサイクルショップなどで切手売却
このごろはモノを大切にする人が増えたため、古着などを扱うリサイクルショップが多く存在しますが、扱う商品の中に切手も含まれることも多々ありますね。

 

古着買取の場合はブランド、生地、状態といった要素が査定価格に反映されます。古着と同じく切手の場合でも同じデザインであったとしても状態が良いものは査定価格が高くなり、ボロボロ状態だと買取が難しくなる傾向にあります。

 

そのため、売却を考える際はキレイな状態の切手を持っていくほど条件が好ましいといえます。保存する際は傷めないように注意をしておいてください。

 

 

・買い取る上で大切な部分
切手の買取価格を左右する要素といえば、デザイン、状態、希少度、コレクター需要、といった点です。ちなみに高額で取引されているプレミア切手は昭和30年台あたりに流通していたもので、この頃の切手は高いもので数十万円の査定価格となる場合もあります。

 

ただ、いくら高額な価値がある切手であっても状態がボロボロになるほど査定価格が落ちてしまうので注意が必要です。

 

普段から折り目がつかないように注意したいものです。また水分やカビの対策も忘れずに。良い状態で保存しておくことで嬉しい査定額になるかも?