MENU

かなり年代物の切手がある場合、どういう査定に?

最近では手紙を出さずEメールで済ます、といった感じで切手を使う機会が減った人は多いと思います。もしも手持ちの要らない切手を手放す場合、買取価格がどのようなものか気になるものですよね。

 

今回はそういった疑問についての内容になります。

 

 

・古切手の価値について
古切手は一般的な最近の切手と比べると高い評価をしてもらえる傾向にあります。その中でも価値が高いとされるのは特に昭和30年台以前なのだとか。

 

その中でもプレミア扱いとされるのは記念切手。もしもお持ちの場合、高額査定が期待できるかもしれません。

 

当時の大きなイベントに関する切手などは需要が大きいため、オリンピックや万博に合わせて発売されたものは一度査定に出されてみると良いでしょう。

 

思いがけない価格を提示してもらえるかも。

 

 

・古切手、未使用ではにものは?
多くの場合、古切手というのは未使用で残っているものはごくわずか。使用された痕跡があるものは価格が気になるところです。

 

結論としては買取可能なものも存在する、です。しかし消印がしっかり残っているからといっても買取してもらえる可能性はあります。

 

消印の跡が完全な状態のいわゆる「満月」状態のものは査定額がアップすることも。過去の事例では査定額30円扱いの切手が満月印になっていた事で評価額が10万円だったケースも存在します。

 

このように、よくわからない世界ではありますが、とりあえず査定を受けてみてその価値を確かめるのもいいかもしれません