MENU

郵便物に貼る切手、どこに貼ればいい?

ハガキ、手紙、郵便物を送る際に欠かせないのが切手ですが、使う上で気になるのが、どの部分に切手を貼るべきか、という点ですね。

 

今回はそんな切手をどこに貼ればいいのか、について説明していきましょう。

 

 

・所定の場所に貼るだけ
切手を貼るべき箇所はあらかじめ決められています。ハガキの場合は左上にあたる箇所に切手を貼ります。手紙の場合も同様に左上に剥がれないように貼りましょう。

 

ただ、横書きで出すポストカードの場合などは右上に貼る場合もあります。綺麗に見える箇所に適宜貼りましょう。

 

あまりおかしな場所に切手を貼ってしまうと返却されたり、トラブルを招くおそれがあります。きちんとルール通りに使用することが大切です。

 

 

・切手を貼る箇所のルール
切手を貼る箇所はあらかじめルールが存在します。
その理由は、郵便物の仕分けや消印を付ける際、専用のマシンを使用するからです。ちなみに、仕分けマシンでは7センチ×3.5センチ四方に消印を付けます。

 

機会がきちんと読み取れる場所に貼らなくては郵便物が希望する場所に届かないということですね。

 

切手を複数枚使用する場合ははみ出てしまう問題が考えられます。仕分けマシンで読み取れない場合の郵便物は弾かれ、手作業による確認ができたものから消印が押されていきます。

 

作業を円滑にする意味でも所定の場所に切手を貼るようにしてください。