MENU

日本国内の切手、最初に登場した竜切手(りゅうきって)

切手マニアな人たちはそれぞれの価値観をもとに収集しているのですが、日本で切手が使われ始めた直後の切手は誰もが欲しがるレアなアイテム。

 

歴史的にも貴重な存在の初期の切手は一般人でもなかなか目に触れる機会が無いものです。今回はそのレアな切手についての話題を紹介していきます。

 

 

・日本国内で最初に切手が使用されたのは?
日本初の切手として知られるのが、竜切手(りゅうきって)と言われます。明治4年4月に発行されたもので、希少価値が高いのが特徴です。

 

・竜切手(りゅうきって)について
竜切手が発行されたこの時代はまだまだ印刷方法が確立されていませんでした。そのため、切手ごとに文字ズレなどの品質のバラつきがあるのが竜切手(りゅうきって)の特徴です。

 

ただ、時代とともに印刷技術が発展し、初期のような品質の問題も大きく解消していくことになります。

 

最近の切手では1枚ごとに綺麗にカットできるミシン目が刻まれているのですが、これを「目打ち」といいます。

 

切手の元祖といえる存在の竜切手(りゅうきって)では今のような目打ちは無く、使用するにはハサミを入れる必要がありました。

 

とても希少価値が高い竜切手であるため、切手マニアなら一度は手に入れてみたいアイテムのひとつです。