MENU

切手を売りたいけど、海外の切手はどうなの?

郵便物を送る際に使用する切手ですが、様々な種類が存在します。
普通切手がおなじみのタイプですが、このほかには地域限定のふるさと切手、イベントなどの記念切手、などがあり、売却をする際の査定価格にも違いが出てきます。

 

今回は売却を希望している人が知っておくと良い知識をご紹介します。

 

 

・切手の種類
使い道が意外とある切手は郵便局、コンビニ、商店といった場所で入手ができます。買取業者での売却を考えている場合、金券ショップよりも切手の専門業者に持ち込む方が買取価格は高い傾向にあります。

 

特殊切手・航空切手などのあまりピンとこないタイプの切手を売りたい人もいるでしょう。そういった種類の場合でも買取対象になるので気軽に査定してみると良いと思います。

 

 

・海外の切手
日本国内での切手買取については国内に流通しているものであれば査定額に差はあっても大半は買取対象となります。

 

海外で利用可能な切手を売却したい際はお店次第、なのが現状のようです。買取対象としていない店舗もあるため、事前に問い合わせるなり調べておいた方が良いでしょう。

 

また、国内の切手よりも買取条件は厳しい場合も多く、状態が良いものではないと買取不可となるかも。

 

まずはあなたが売却を希望する金券ショップ、切手専門業者が買取対象としているのかチェックしておきましょう。