MENU

バラ切手、売る場合の注意点

切手を扱う業者、広範囲に渡るジャンルを扱う金券ショップ、それぞれに切手の買取利率には差がありますが、日本国内で使用可能なものであれば査定対象となります。

 

シート状の売却なら問題がないのですが、注意をしておくべきは「バラ」状態の切手について。切手であれば何でも良いや、と思っていたら買取対象外になるおそれも。

 

どういうことか、これから説明していきましょう。

 

 

・バラ切手は買取対象外になるかも
シートの状態から外れた切手をバラ切手と呼ぶのですが、このバラの状態だと買取価格が低い傾向となります。

 

使う前提で切手を持っているとシート状態から切り離すことは避けられません。あらかじめシート状態ではなく、バラ状態で保存している人も多いとは思います。

 

バラの状態の切手を買取対象としてくれるかは店舗により異なるため、査定してもらえないかもしれないことを念頭に置いておきましょう。事前確認をした上で持ち込むようにしたほうが無難といえます。

 

 

・バラ切手を売る際
切手を売却することを考えて、バラの状態での保存ではなくシート状態で日頃から保存しておくことをオススメします。見た目を重視してシート以外は買取不可とする店舗もあります。

 

今は切手を売るつもりは無くても、今後のことを考えてシート状態のまま置いておき必要な分だけ切り離すようにしておくと査定時に困る事は避けられます。